動物と会話する「ドリトルプロジェクト」第1弾,犬の感情分析ができる「バウリンガル」を発売

【国内記事】 2001年8月7日更新

 タカラとインデックスは8月7日,携帯型の犬の感情分析グッズ「バウリンガル」を2002年2月に全国で1万2800円で発売すると発表した。

 これは“人間と動物の新しい形のコミュニケーション”の実現を目指す「ドリトルプロジェクト」の第1弾として発売されるもの。犬の鳴き声に着目し,小型マイクからひろった声紋を分析して「フラストレーション」「威嚇」「自己表現」「楽しい」「悲しい」「欲求」の6種類の感情に判定する。その上で,例えば「フラストレーション」の時は「あ〜もうっ」「イライラ!」などの言葉にランダムに変換するという。

 このほか,一定時間の犬の鳴き声を蓄積し,そのデータを分析して総合的に「ちょっと寂しいワン,もっと遊んでね」などの文章で表現も行う。今後は離れたところにいる犬からインターネットでメールが届く「バウリンガルメール(仮称)」も開発中だという。

[杉浦正武,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!