News:ニュース速報 2002年7月3日 04:07 PM 更新

ユーザー情報流出のアビバ、「保存場所がハッキングされた」

Webサイトから大量のユーザー情報が流出したアビバジャパンは7月2日、流出の経過について報告、ユーザーに謝罪した

 Webサイトから大量のユーザー情報が流出したアビバジャパンは7月2日、流出の経過について報告、ユーザーに謝罪した。

 同社によると、ネットで閲覧可能になったユーザーデータは、同社にWebから講座内容などを問い合わせた1225件と、新卒の就職希望者374件など合計2093件。

 同社の説明では、「弊社の調査により、データの保存場所がハッキングされ、そのアドレスが某掲示板に投稿されていることが判明」。「弊社はそれを察知し、すぐにデータの消去と該当ページの閉鎖処置を行った」が、約2時間にわたってデータが閲覧可能な状態になった、という。

 実際には、「データの保存場所」はHTMLファイルのソースを参照することである程度は分かるようになっていた。

 同社は該当するユーザーに対し個別に謝罪する上、専用の問い合わせ窓口を設置して対応する。またセキュリティの強化にも取り組み、当面は問い合わせページなどを閉鎖するとしている。またPC教室などの受講生データはインターネットからアクセスできないシステムになっており、データ流出は一切ないとしている。

関連記事
▼ 「パソコン学院」のアビバWebサイトから個人情報が大量流出

関連リンク
▼ 「お手数ですが削除いただけますよう」──個人情報大量流出のTBC

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -