News:ニュース速報 2002年7月5日 05:08 PM 更新

ソフマップ、ヤマギワのソフト販売事業を取得 名古屋進出へ

ソフマップは、ソフマップがヤマギワのソフト関連事業の営業権を取得することで両社が合意したと発表した

 ソフマップは7月5日、ソフマップがヤマギワのソフト関連事業の営業権を取得することで両社が合意したと発表した。取得額は明らかにしていない。ヤマギワのソフト販売店計8店を取得することで粗利率の高いソフト販売を強化、2003年度のソフト関連事業は売上500億円を見込む。

 ソフマップは、ヤマギワの「ヤマギワソフト館」など東京・秋葉原の5店舗、神奈川県横須賀市の1店舗、名古屋市内の2店舗を取得する。全額出資の新会社「ソフマップソフト」(仮称)を受け皿として経営に当たる。人材は引き継ぐ考え。

 ソフト販売事業の強化を図っていたソフマップと、販売力で優位性を持つ照明・インテリア分野に経営資源の集中を進めていたヤマギワの思惑が一致した。

 ソフマップはヤマギワの8店舗を取得することで年間約80億円の売上アップを見込む。また名古屋2店舗の獲得で、同地区進出への足がかりにしたい考えだ。

 ソフマップは新品ソフト販売に加え中古販売も手がけ、2001年度の売上高は337億円。PC販売は価格下落と競争の激化、IT不況の影響から低落傾向にある一方、DVDの急速な普及などでソフト販売は拡大傾向にある。粗利率が高いソフト販売でスケールメリットを追求、仕入れや販売を効率化して競争力を強化し、2003年度には同部門の売上を500億円以上に引き上げたい考えだ。

 また秋葉原の再開発に伴い、ヨドバシカメラが同地区進出を計画するなど、量販店の勢力図も再編過程に突入している。ヤマギワ店舗は有利な立地条件から、同地区ソフト販売店でも最大手クラス。取得店舗をベースに、再開発に合わせ既存店舗の統廃合も検討するほか、市場動向を踏まえ、中古販売専門店への業態転換も視野に入れている。

関連リンク
▼ ソフマップ
▼ ヤマギワ

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -