News:ニュース速報 2002年7月5日 08:29 PM 更新

Googleの1.7倍、35億ページを検索できる「Openfind」

Web検索エンジン「Openfind」のベータテストがスタートしている。約35億ページから検索できるとしており、約20億ページのデータベースを持つ「Google」を上回る

 Web検索エンジン「Openfind」のベータテストがスタートしている。約35億ページから検索できるとしており、約20億ページのデータベースを持つ「Google」を上回る。


Openfindのトップページ

 人民日報日文版(Web版)によると、Openfindは台湾・中正大学情報工学科の呉昇助教授らのグループが独自に開発した。またGoogleより大幅に少ない70台のサーバで35億ページの検索が可能としており、検索スピードも同等以上の高速さを持つという。「openfind.com.tw」は以前から稼働しており、ベータテスト中のエンジンはこれを強化したもののようだ。もちろん2バイト文字にも対応しており、日本語キーワードも検索できる。

 気になるGoogleとの比較だが、「ガンダム」で検索したところ、Googleが約289,000件/0.09秒だったのに対し、Openfindは337,390件/0.372秒だった。と検索件数で上回った。さらに「ガンダム 中村琢磨」と絞り込むと、Googleが約121件/0.24秒だったのに対し、Openfindは4件/0.63秒だった。

 利用者数やデータの蓄積度が異なるため単純な比較はできないが、他のさまざまな検索語を試したみたところ、現時点でも日本語Web検索エンジンとしての実用度は十分なレベルにあるようだ。


検索対決の結果、中華キャノンを赤くペイントしたのは中村琢磨記者だと読者に認知されていることが分かり、筆者はひと安心

関連リンク
▼ Openfind
▼ 人民日報日文版「世界最高性能の検索エンジン開発 台湾」

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -