News:ニュース速報 2002年7月9日 08:57 AM 更新

ネット攻撃件数が急増


 米セキュリティサービス企業のRiptechは7月8日、インターネットセキュリティ攻撃についての最新の報告書を発表した。

 同社の報告によると、インターネットを介した攻撃の件数は、今年前半の6カ月間に、年率換算で64%の増加となった。またごく少数ながら、技術的に不可能とされる、UNIXシステムを狙ったCode Red攻撃が起きていると報告している。

 同社は世界30カ国の400社以上をサンプルに調査を行った。

 報告によると、電力/エネルギー会社の70%が深刻な攻撃を受けている。昨年後半は57%だった。公共サービス会社は深刻な攻撃を受ける確率が高いという。

 攻撃のうち8割は、米国、ドイツ、韓国、中国、仏、カナダ、イタリア、台湾、イギリス、日本の10カ国を発信源とするもので、その割合は昨年後半から70%増えたと報告されている。

 なお同社では、今回の調査報告書では「米国がテロリスト国家と見なす国から受けるサイバー攻撃の量とパターンの洞察」も行ったとしている。→詳細記事

関連リンク
▼ Riptechのプレスリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -