News:ニュース速報 2002年10月15日 06:47 PM 更新

中国に「コンピュータゲーム病」矯正センター

人民日報日文版(Web版)によると、中国・重慶市はこのほど、「青少年コンピュータゲーム病」の予防矯正センターを同国内で初めて設立したという

 人民日報日文版(Web版)によると、中国・重慶市はこのほど、「青少年コンピュータゲーム病」の予防矯正センターを同国内で初めて設立したという。

 同市第1中学が重慶大学などと共同で設立。13人の心理カウンセラーが診察と治療に当たる。ネットカフェで夜通しゲームに熱中し、めまいや吐き気、不眠、情緒不安定などの症状が現れる少年が増えているという。

 ネットゲームには中毒性があると指摘されており、中国や韓国では熱中しすぎたユーザーによる事故も相次いでいる。一部のヘビーユーザーには麻薬・アルコール中毒並みの対策が必要になるほど深刻化している、ということのようだ。

関連記事
▼ 86時間連続ネットゲームで死亡?
▼ ネットゲームプレイ中に興奮死 中国のネットカフェ
▼ ゲームやり過ぎ?で中学生が白髪に

関連リンク
▼ 人民日報日文版「【重慶】コンピューターゲーム病の予防矯正センターを設立」

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -