News:ニュース速報 2002年11月6日 08:57 AM 更新

コピー防止技術のMacrovisionがMidbarを買収


 米Macrovisionは11月4日、イスラエルの競合会社Midbar Techを買収すると発表した。これによりコピー防止技術の主要2社が合併することになる。両社の技術は音楽作品などの海賊行為防止に使われている。Macrovisionはまた、TTR Technologiesから音楽コピー防止技術と著作権管理(DRM)技術資産を買い取る計画も明らかにした。

 MacrovisionとMidbarは向こう数カ月かけて、Macrovisionの「SafeAudio」および「SafeAuthenticate」製品と、Midbarの「CDS 100」「CDS 200」製品の統合にあたる。この作業の一環として、制限付きで音楽CDの内容をコピーして家電機器に転送できるようにする技術の開発も進めるとしている。

 発表によると、MidbarのCDS 100/200はアジアと欧州で特に採用が進んでおり、今日までに4500万枚以上の音楽CDに使われているという。

 一方、Macrovisionが買い取るTTR資産には、米国特許(3件の取得済み特許と8件の申請中特許)といくつかの国際特許出願物が含まれる。TTRはSafeAudio技術のもともとの開発元。MacrovisionとTTRはコピー防止技術収入の折半で合意していたが、MacrovisionによるTTR資産買収で、この契約は解消されることになる。→詳細記事

関連リンク
▼ Macrovisionのプレスリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -