News:ニュース速報 2002年11月19日 05:59 PM 更新

DVD6C、記録型DVDの共同ライセンスを開始

DVD技術の主要開発会社7社で構成するDVD6Cライセンシングエージェンシーは、記録型DVDの特許共同ライセンスを2003年1月上旬から始めると発表した

 DVD技術の主要開発会社7社で構成するDVD6Cライセンシングエージェンシー(DVD6C)は11月19日、記録型DVDの特許共同ライセンスを2003年1月上旬から始めると発表した。

 共同ライセンスは7社が持つ記録型DVDなどの必須特許で構成。ライセンスを希望する第三者は、7社がプールした必須特許の一括ライセンスを受けることができる。共同ライセンスはDVDフォーラムによって策定されたDVDフォーマット仕様に準拠している製品が対象としている。

 ロイヤリティは、DVD-RAMドライブ、DVD-RWドライブなどの記録型ハードが販売価格の4%(1台当たり最低6ドル)、記録型メディアが販売価格の4%か1枚当たり最低7.5セントなど。

 DVD6Cは米AOL Time Warner、日立製作所、松下電器産業、米IBM、三菱電機、東芝、日本ビクターの日米7社で構成。1999年6月からDVD-Video/DVD-ROM関連必須特許の一括ライセンス提供を行っている。

関連リンク
▼ DVD6C

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -