News:ニュース速報 2002年12月18日 08:30 PM 更新

ロボット「番竜」、198万円で先行販売

テムザックは、家庭用ロボット「番竜」の先行販売を始めた。限定50台で、価格は198万円

 テムザックは12月18日、家庭用ロボット「番竜」の先行販売を始めた。限定50台で、価格は198万円。Webサイトなどで申し込める。


「いま番竜を買って下さる方々は20世紀初頭に自動車を買われた人たちと同じで、いわば家庭用ロボットの育ての親になる」(テムザックの高本陽一社長)

 番竜はテムザックと三洋電機が共同開発を進めている家庭用ロボット。恐竜を未来的にアレンジしたというユニークな外観が特徴だ(11月7日の記事参照)。


番竜(11月の発表時)

 先行販売される番竜は、11月の発表時のモデルと基本機能は同等。ただ床やロボットに対する衝撃をやわらげるためのサスペンションを追加したり、静音性を高めるなどの改良が施されるという。

 製品版は三洋電機が製造するが、先行販売モデルはテムザックが組み立てる。先行販売が好調なら、2003年末に一般販売をスタートする計画。



関連記事
▼ 2003年、「番犬」はロボットになる
テムザックと三洋電機が“番犬代わり”になるロボットを発売する。その名も「番竜」。12月に50台の先行予約販売を受け付け、2003年度には一般販売を開始する予定だ


関連リンク
▼ 番竜ホームページ

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -