News 2003年1月14日 01:15 AM 更新

CESレポート
小型メディアプレーヤー「Media2Go」は、年内投入?

Bill Gates氏がCES基調講演で発表した携帯型のメディアプレーヤー「Media2Go」のより詳しい情報を入手した。XPとの密な統合を売り物に、年内には製品が投入される予定だという

 MicrosoftのBill Gates氏は「International CES 2003」の基調講演において、「Media2Go」をアナウンスした。Media2Goは小型液晶ディスプレイとハードディスクを搭載。Windows CE.NETベースでWindows MediaやMP3、MPEG4などのメディア再生をサポートするという。Media2Goとは、どんな製品なのだろうか。

 Microsoftによると、Media2GoはWindows CE.NETの上に構築したメディアプレーヤーを構築するためのソフトウェアコンポーネントセット。つまりPocketPCやHandheld PCなどと同様の製品である。各ベンダーはMedia2Goを採用し、Windows CE.NETに対応するハードウェアプラットフォームを利用することで、簡単に製品を開発できる。

 ハードウェアプラットフォームは、Intelがプラットフォーム技術を提供しているXScaleベースの動画対応メディアプレーヤープラットフォーム「Portable Media Player」をリファレンスデザインとするほか、SamsungやViewSonicともハードウェア開発で協力しているという。PCとの接続はUSB 2.0のほか、IEEE1394もオプションとしてサポートされる。

 別途、Intelの担当者に話をうかがったところによれば、XScale向けに最適化されたソフトウェアを提供することで、良好な動画再生が可能という。試作モデルとして見せられたMedia2Goデバイスは、クオータVGAの液晶パネルを搭載していたが、動画再生能力に余裕が感じられ、さまざまな再生コントロールにも素早くレスポンスした。

 Microsoftによるとx86、SHなどのアーキテクチャにも最適化しており、500KbpsのWMV、MPEG4をクオータVGA、毎秒30フレームで再生可能とのことだ。

 ただしデモ機の中身はiPAQで、その上でMedia2Goのシェルを起動。きょうたいはiPAQをスッポリと入れただけのモックアップ。製品では小型化を含めて製品としての完成度を上げる予定という。

 Microsoftによると、Media2Goの優位性はWindows XPとの密な統合にあるという。Media2GoデバイスはPocketPCにおけるActiveSyncと同様のビヘイビアで、写真、音楽、ビデオ、テレビキャプチャなどのデータを同期する機能が実装されている。またWindows XPのBluetoothサポート機能と接続し、ワイヤレスで同期を行うこともできる。

 「Windows XP Media Center Edition」のビデオ録画機能との連携も考慮されており、Media Center Editionで録画されたテレビライブラリをMedia2Goに転送(動画フォーマットの変換も自動的に行われる)できる。MicrosoftによるとVHSクオリティの設定で、最高175時間のビデオを記録可能とか。

 Media2Goの製造パートナーは、三洋電機、Samsung、ViewSonic、iRiverの4社。今年の年末商戦には製品が登場する見込みだ。

関連リンク
▼ 特集:2003 International CES

[本田雅一, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -