News:ニュース速報 2003年1月24日 11:13 AM 更新

P2Pファイル交換サイト「1年で300%以上増加」

米インターネットフィルタリングソフトメーカーのWebSenseがファイル交換の状況について報告

 P2Pファイル交換サイトはこの1年で300%以上増えて8万9000を数え、Kazaa、GroksterなどのP2Pアプリケーションは130種以上が存在している――。インターネットフィルタリングソフトメーカー米WebSenseは、1月23日発行のプレスリリースでそう報告している。

 同社は、P2Pは音楽ファイル交換の範疇を超え、最新の映画作品や人気ビデオゲームの交換にも使われるようになったと報告。こうしたコンテンツの多様化が、P2Pサイト/アプリケーションを増加させると同時に、世界各地で帯域や法的/セキュリティの問題を引き起こしていると指摘する。

 P2P利用目的としてはMP3音楽ファイルの交換がいまだ圧倒的だが、ほかの用途もかなり増えているようだという。例えば、Yankee Groupの調べでは、2002年にP2Pネットワークからダウンロードされた音楽ファイルの数は50億以上とされているが、ゲームデベロッパーTrymediaの報告では、ビデオゲームのダウンロードも500万件以上に上っている。さらには、毎日40万−60万の映画のコピーがダウンロードされているとするコンサルティング会社Viantの報告もある。

 Jupiter Media Metrixでは、米国家庭の高速インターネットサービス利用率はまだ17%に満たないため、P2Pファイルのダウンロードは勤め先から行う人も多いとしている。

関連リンク
▼ WebSense

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -