News:ニュース速報 2003年1月28日 03:12 PM 更新

「MSN 8」日本語版リリース

マイクロソフトは1月28日、有料会員制インターネットサービスの最新版「MSN 8」日本語版の提供を始めた

 マイクロソフトは1月28日、有料会員制インターネットサービスの最新版「MSN 8」日本語版の提供を始めた。月額1280円。


 MSN 8は家族でのインターネット利用を主眼に開発。1契約で最大9人までメールアドレスを登録でき、子どもに見せたくないWebサイトをブロックしたり、子どもがメールやインスタントメッセージを利用する場合、親が事前に承認した相手に限る機能、子どものインターネットでの行動を週間レポートとして報告する機能などを備えた。

 またメールの添付ファイルを自動的にウイルスチェックしてくれる。メールにデジタルカメラで撮影した画像を加工・添付して送信できる機能も加わった。画像をネット上で共有できるストレージサービスも提供される。


 申し込みはMSNのサイトから。最初の1カ月間は無料となる。年間契約は1万3980円。



関連記事
▼ MSN 8のホントの“敵”はMSN.com?
.NETサービスを盛り込んだ「MSN 8」が米国で10月24日に正式リリースされる。「AOL 8.0の対抗馬」を目指すMSN 8だが、ユーザーを取り込むには、まずMSN.comとの違いを強く打ち出す必要があるだろう

▼ 「MSN 8はAOLを超えた」――MSNの切れ者幹部が語る
MSNのマーケティング幹部、Yusuf Mehdi氏は、かつて対OS/2、対Netscape戦争でMSの勝利に貢献した人物だ。同氏によると、MSN 8は重要な分岐点であり、あらゆる点でAOLの上手を行っているという

▼ MSN“伸び止まり”の打開策は……
MSN 8の大規模広告キャンペーンを展開している米Microsoftだが、加入者はなかなか伸びず、AOLとの差は開いたまま。そこで同社は戦略を見直し、BYOAプランとブロードバンドに重点を移そうとしている


関連リンク
▼ MSN「MSN 8」

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -