News:ニュース速報 2003年1月29日 03:26 PM 更新

Windows Media 9日本語版、正式リリース

再生ソフトのダウンロードが可能に。大手コンテンツプロバイダの有料サービスも発表

 マイクロソフトは1月29日、デジタルメディアプラットフォーム「Windows Media 9 シリーズ日本語版」(WM9)を公開した。初めて5.1chサラウンド再生に対応するなど、ナローバンドからブロードバンドまで「あらゆる環境下での再生能力が劇的に向上している」(同社)という。


Windows Media Player 9(Windows 2000版)

 公開されたのは再生ソフト「Windows Media Player 9 シリーズ」とエンコーダ「Windows Media エンコーダ 9 シリーズ」など。Windows Media Player 9の対応OSはWindows XPと同98 SE/Me/2000。同社サイトから無料でダウンロードできるほか、Windows Updateでも1月30日から入手できる。

 WM9に対応した有料コンテンツサービス「プレミアムサービス」も発表された。WOWOWとエイベックス、ショウタイム、スカイパーフェクト・コミュニケーションズの4社が順次提供するもの。まずWOWOWが2月3日からアニメや映画、スポーツなどの番組コンテンツを月額500円でストリーミング配信する。

 WM9に対し、国内100社以上のハード・ソフトベンダーがWM9への対応を表明した。

 9週間にわたって開くネットイベント「Super 9 Weeks」もスタート。動画コンテンツのオンデマンド配信などを行う。




関連記事
▼ 「Windows Media 9 Series」提供開始
既報の通りWindows以外での同ソフト利用に向けた初のライセンス料金も発表。また「Plus! DME」と「MovieMaker 2」をリリース

▼ Windows以外にも広がるMSメディア技術
「Windows Media 9 Series」は、MPEG-4より安いライセンス料でWindows以外のOSでも採用できるようになっている。同技術のすそ野を広げようとするMicrosoftの野心がうかがえる。


関連リンク
▼ Windows Media 9 Seriesダウンロードサイト
▼ Super 9 Weeks

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -