News:ニュース速報 2003年3月24日 07:33 PM 更新

D&M、Rio/ReplayTV買収で協議開始を発表


 ディーアンドエムホールディングス(D&M)は3月24日、経営破たんした米SONICblueのMP3プレーヤー「Rio」部門とデジタルビデオレコーダ「ReplayTV」部門の買収協議を進めていると発表した。

 D&Mは、経営統合したデノンと日本マランツの持株会社。SONICblueの両事業を4000万ドル(引受負債評価額を除く)で買収する提案を示した。引受負債額は500万ドルを上限としてD&Mが決定する。

 買収の最終契約は結んでおらず、「買収が確実に履行されるとの保証は存在しない」としている。



関連記事
▼ SONICblueが破産申請、Rioなど売却へ
同社は日本のディーアンドエムホールディングスと日本マランツとの間で、ReplayTVとRio子会社を4000万ドルで売却する非拘束の同意書を交わしている。また、GoVideo事業をOpta Systemsに1250万ドルで売却する確定合意を取り付けた


関連リンク
▼ ディーアンドエムホールディングス

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -