News:ニュース速報 2003年4月22日 04:39 PM 更新

松下、世界ブランドを「Panasonic」に統一

松下電器産業は、世界展開するブランドを「Panasonic」に統一すると発表した。「National」ブランドは国内を除き、Panasonicに順次切り替える。グローバルマーケティング力とブランド価値の向上がねらい

 松下電器産業は4月22日、世界展開するブランドを「Panasonic」に統一すると発表した。「National」ブランドは国内を除き、Panasonicに順次切り替える。

 グローバルマーケティング力とブランド価値の向上がねらい。Panasonicは1961年に北米向けブランドとして使用を始めて以来、現在は社名よりも広く浸透している。ブランド一本化でマーケティング原資を集中する。

 Nationalブランドの商品は東南アジアや中国、中近東などで販売しているが、本年度下期の新製品からPanasonicブランドに切り替える。屋外看板なども本年度内に切り替えを完了する予定。

 日本国内ではNationalが白物家電ブランドとして認知度が高い上、「創業以来のオリジナルブランド」としてPanasonicと共存させる。

 7月1日付けで、ブランド戦略構築を専門に担当する「ブランド戦略室」を設置する。またグローバルブランドのスローガン「ideas for life」を定めた。「全世界の従業員が、開発・製造・販売・サービスを通じて、人々の豊かなくらしや社会の発展に、価値あるアイディアを提供し続ける」を表すメッセージだとしている。

関連リンク
▼ 松下電器産業

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -