News 2003年4月24日 02:04 AM 更新

ビジュアルテクノロジーが研究室向けOpteron搭載HPCを発表

同社のマーケティング本部長は有名な西和彦氏。Opteronの発表会でもパートナーとして登場し「パソコンとワークステーションの定義が変わる、歴史的な場面に立ち会っている」と発言。自社の製品説明会では現在の「経営自説」についても言及した

 ビジュアルテクノロジーは4月23日、Opteronを搭載したタワー型ワークステーション「VT64 Opteron Workstation1000」「VT64 Opteron Workstation2000」と2Uラックマウントサーバ「VT64 Opteron Server2000」「VT64 Opteron Server4000」を発表、東京港区の本社で製品説明会を行った。


VT64 Server4000。2台の2wayマシンが組み込まれている。左のディスプレイにはTurbolinux 8 for AMD64が、右のディスプレイにはRed Hat Enterprise Linuxがそれぞれ動作している

 同社は、主に公立研究機関、大学研究室にHPCを納入しているハイエンドPCベンダー。VT64 Opteron Workstation(VT64 WS)シリーズは、科学技術計算用途のシステムとして開発され、VT64 WS1000は1プロセッサで搭載メモリ512Mバイト、VT64 WS2000は2プロセッサで搭載メモリ1Gバイトとなっている。どちらのシリーズもCPUの違いで三つのモデルがある。

  • VT64 WS1000(1プロセッサ)

搭載CPU価格
Opteron 24024万8000円
Opteron 24233万円
Opteron 24435万1000円

  • VT64 WS2000(2プロセッサ)

搭載CPU価格
Opteron 24034万8000円
Optreon 24251万2000円
Optreon 24455万3000円

  • VT64 WS1000/2000の共通スペック

チップセットAMD-8131+AMD-8111
最大メモリ容量12Gバイト(PC2700)
HDD40Gバイト(Ultra ATA/133)
ネットワークギガビットイーサ×2
オプションUltra320 SCSI HDD、Serial ATA HDD

 VT64 Opteron Server(VT64 Server)シリーズは、2Uサイズのシャーシに、2wayマザーを2基配置できる。VT64 Server4000は、2基のOpteronを搭載したマザーボード2枚をシャーシに実装する「2+2wayサーバ」。こちらも搭載するCPUによって、それぞれ3モデルが用意されている。

  • VT64 Server1000(2way)

搭載CPU価格
Opteron 24044万8000円
Opteron 24261万2000円
Opteron 24465万3000円

  • VT64 Server4000(2way+2way)

搭載CPU価格
Opteron 24079万8000円
Optreon 242112万6000円
Optreon 244120万8000円

  • VT64 Server2000/4000の共通スペック

チップセットAMD-8131+AMD-8111
最大メモリ容量16Gバイト(PC2700)
HDD40Gバイト(Ultra ATA/133)
ネットワークギガビットイーサ×2
オプションUltra320 SCSI HDD、Serial ATA HDD

 4wayと誤解しやすいが、VT64 Server4000は、1つの2Uシャーシに2wayサーバが2台入っているのと全く同じ構成。これでも「1Uの2wayサーバを2台にするより熱対策が容易だし、2Uの2wayサーバを2台にするよりコストパフォーマンスはいい」(同社)。

 なお、現在TYANと共同で、複数のマザーボードのSMPを構成し、高スケーラビリティを実現する技術を開発していることを説明会で明らかにしている。こちらはOpteronの8000シリーズの登場に間に合わせる予定。

 説明会の最後には、同社マーケティング本部長の西和彦氏が挨拶に立ち、「大学の研究所では、決まった予算枠でできる限りのCPUを購入しようとする。これまで扱ってきた高額なPower4マシンでは、このようなリクエストにうまく応えられない。その点、Opteronは、コストとパフォーマンスで非常に適している」と述べた。

 また、西氏は「ほかのOpteronシステムベンダーは、単なるアセンブリであるのに対し、われわれはシャーシなどを自社で開発している」と独自性をアピール。加えて「今回の発表会でMicrosoft 2003 Serverのベータデモを行えた唯一のベンダー」とマイクロソフトとの強力な関係を強調した上で、「われわれがMicrosoft 2003 Serverインストールマシンを一番最初に出荷できるように、マイクロソフトとコミットメントが取れている」ことを明らかにした。


当日の“西語録”「会社を大きくすることはしない」「面白い製品を出していきたい」「大きい企業はみんな苦しんでいる。これから生き残るのは社員が面白がって働いている会社だ」

関連リンク
▼ ビジュアルテクノロジー

[長浜和也, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -