News:ニュース速報 2003年4月26日 09:31 PM 更新

「Firebird」ブラウザは「Mozilla Browser」に

商標問題で揺れていたブラウザ「Firebird」の名称が「Mozilla Browser」へと変更

 ブラウザの名称をめぐり商標問題を抱えていたMozilla.orgが4月25日、新しいブランド戦略を発表した。

 この戦略の下、バージョン1.4のリリース後から、ブラウザ「Firebird」は「Mozilla Browser」、メールクライアント「Thunderbird」は「Mozilla Mail」と呼ばれる。

 Mozillaブラウザは先日コードベースを「Phoenix」に変更したが(4月4日の記事参照)、商標問題から名称をFirebirdに変更。しかしFirebirdも別のオープンソースプロジェクトで既に使われており、名称の変更を求められていた(4月17日の記事参照)。

関連リンク
▼ Mozillaの発表文

関連記事
▼ “不死鳥”PhoenixはFirebirdになれるか
▼ Mozillaが“不死鳥”Phoenixになる――?

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -