News:ニュース速報 2003年5月7日 10:00 AM 更新

Lindows日本語版、エッジが発売へ

エッジは、Linux OS「LindowsOS」日本語版の国内独占販売権を取得したと発表した。プリインストールPCの販売などで各社と提携、今夏までに発売する計画だ

 エッジ(旧オン・ザ・エッヂ)は5月7日、Linux OS「LindowsOS」日本語版の国内独占販売権を取得したと発表した。プリインストールPCの販売などで各社と提携、今夏までに発売する計画だ。



LindowsOS日本語版のスクリーンショット

 同OSは米Lindows.comが開発した。当初は「Windowsアプリケーションが動作するLinux」が売りだったが、実際に動作するアプリケーションは少ないとされ、現在は低価格PC用やライセンス制限の少ないOSとして市場に攻勢をかけている。オフィスソフトやマルチメディアソフトなど各種アプリケーションは「Click-N-Run」と呼ぶ技術により、一定の料金を支払えばオンラインで無制限にアドオン可能。家庭向けライセンスではインストール台数の制限がない。

 日本語版を販売するエッジは、ソフト・ハードメーカー各社とパートナーシップを組んで企業とコンシューマーに売り込む。ジャストシステムと販売パートナー契約を締結、「ATOK」をバンドル販売するほか、日本アイ・ビー・エム(IBM)の「IBM SoftWare World 2003」(5月27−29日、東京国際フォーラム)に同OSを出展する。

 搭載PCはエム・シー・ジェイとぷらっとホームが発売する計画だ。またNPO法人の循環社会推進機構が公立小中校向けリサイクルPCに採用。エヌピーシーシステムドットコムもリサイクルPCに同OSを搭載して販売する予定としている。

 エッジは「OS市場において独占状態であるマイクロソフトに対し、ユーザーへ選択枝を与える」としている。9月末までに2−3億円の売上を見込んでいる。



関連記事
▼ WindowsとかけてLinuxと解く。その心は「Lindows」
安直な名前だが夢は大きい。MP3.comの元CEO、Michael Robertson氏率いる新興企業が、Windowsソフトを使えるLinux「Lindows」を開発中。プレビュー版リリースも間もなくだ

▼ LindowsOS、小売り開始
LindowsOS Membership Editionの推奨小売価格は129ドル。Lindows.comはリセラープログラムで発注本数とは無関係の「固定ライセンス料金制」を取る

▼ LindowsOS 3.0リリース

関連リンク
▼ エッジ

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -