News:ニュース速報 2003年5月16日 12:06 PM 更新

Linuxカーネル2.4にDoS攻撃に対する脆弱性


 英セキュリティ企業のSecuniaが5月15日発行したアドバイザリによると、Linuxカーネル2.4にサービス拒否(DoS)攻撃に利用される恐れのある脆弱性が見つかった。

 同社によると、問題の原因はLinuxカーネルがルーティング情報のキャッシュを扱う方法にあり、慎重に選んだソースアドレスを使えば、この脆弱性を悪用して400パケット/秒でもLinuxシステムをオフラインにすることができてしまうという。

 Red Hatは問題に対処した新版カーネルパッケージをリリース済み。

関連リンク
▼ Secuniaのアドバイザリ

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -