News:ニュース速報 2003年6月13日 12:03 PM 更新

5年後の「MP3プレーヤー」はゲーム機中心?


 調査会社の米IDCは6月12日、MP3プレーヤーをはじめとする圧縮音楽対応プレーヤー市場動向予測を発表した。

 消費者からの幅広い支持と規格の多様化により、同製品の世界市場は2007年まで年率30%で拡大し、売上規模は440億ドル近くにまで達する見通しという。現状では、フラッシュメモリやHDD搭載の携帯プレーヤーが注目を集めているが、今後はDVDプレーヤーやゲーム機、パーソナルビデオレコーダーなどへのエンコード/デコード機能の追加が増え、2007年には、これら「圧縮音楽対応機能を付加的に備えたデバイス」が、全体の売上高のおよそ3分の2、280億ドル以上を占めると予測されている。

 またこの調査報告によると、フラッシュメモリ1Gバイト当たりの価格は順調に下がり、フラッシュメモリ搭載型プレーヤーの世界市場は2007年まで年率24%で拡大する。その一方で、HDD搭載型の携帯プレーヤーはHDDの価格がこれ以上大きくは下がらないので200ドル以下の価格設定は難しく、これは携帯プレーヤー市場の成長にマイナス材料となるという。

関連リンク
▼ IDCのプレスリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -