News:ニュース速報 2003年7月1日 05:01 PM 更新

ソニー、松下ら大手8社が「CE Linuxフォーラム」設立

松下やソニー、日立など日欧韓の大手エレクトロニクス機器メーカー8社がコンシューマーエレクトロニクス機器向けLinuxの普及を目指す業界団体を設立した。

 松下電器産業やソニー、日立製作所など日欧韓の大手エレクトロニクス機器メーカー8社は7月1日、コンシューマーエレクトロニクス(CE)機器向けLinuxの普及を目指す業界団体「CE Linux フォーラム」(CELF)を設立したと発表した。

 参加するのは3社のほか、NEC、オランダRoyal Phillips Electronics、韓国Samsung Electronics、シャープ、東芝。米IBMも近く参加する。

 CELFでは、デジタル家電や携帯電話向けLinuxの機能強化を進める。具体的には(1)起動時間・終了までの時間短縮、(2)応答時間などのリアルタイム性の向上、(3)必要メモリ容量の削減、(4)低消費電力化──について高度化を図っていく。

 さらにCE機器向けLinuxに要求される仕様や項目の定義付け、オープンソースコミュニティとの連携、業界へのLinuxの普及活動も進める。CELFの成果などは公式サイトに掲載していく。

 松下とソニーは2002年12月、デジタル家電向けLinuxを共同開発すると発表。業界団体の設立も表明していた(関連記事を参照)。



関連記事
▼ 松下とソニー、デジタル家電向けLinuxを共同開発へ
松下電器産業とソニーは、デジタル家電向けLinuxを共同開発すると発表した。DVD規格などで争ってきた両社が手を組み、次世代家電向けOSの業界標準確立を目指す


関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -