News:ニュース速報 2003年7月17日 09:08 PM 更新

ウイルス対策のプロにヤシの実ぶつけて高得点!──というウイルス

このウイルスは、表示された人物にヤシの実を当てて点を取るというゲームプログラムを起動。満点を取れば感染を免れる。表示されるのは実在のウィルス対策のプロやハッカーとされる人物だ。

 ソフォスはこのほど、実行ファイル型ウイルス「W32/Coconut-A」について報告した。


Coconut Shyゲーム

 実行すると、Windowsアドレス帳内の全宛先に「The Coconut Game」というSubjectでメールを送信。メールには自身のコピー「coconut.exe」を添付して被害を拡大しようと試みる。

 同ウイルスはさらに「Coconut Shy」というゲームプログラムを起動する。表示された人物にココヤシの実を当てると得点、という単純なものだが、相手は英Sophosシニアテクノロジーコンサルタントのグラハム・クルーリー氏と、ハッカーとされるベルギー人フラン・ドゥバエール氏。ヤシの実は3個与えられ、クルーリー氏に当たれば2点、ドゥバエール氏に当たれば1点を獲得できる。

 その後、ウイルスはシステム内の「6−(得点)」個のファイルに感染する。つまりクルーリー氏に3回とも当てることができれば感染は免れる、ということになる。最後にはご丁寧に、得点と感染ファイル数を記したメッセージボックスも表示してくれる。

 ソフォスによると、感染被害は報告されていない。

関連リンク
▼ ソフォス「W32/Coconut-A」
▼ ソフォス

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -