News:ニュース速報 2003年7月25日 06:08 PM 更新

「セキュリティ甲子園」が1年延期に 「誤解招く可能性」と


 8月に開催を予定していた、高校生らがネットワークセキュリティ技術を競う「セキュリティ甲子園」について、経済産業省は7月25日、開催を1年間延期すると発表した。「ネット犯罪の誘発を懸念する受け止め方をされるなど、誤解が生じかねない状況のまま開催することは望ましくない」と理由を説明している。

 セキュリティ甲子園は8月11−12日に開催を予定していた。参加チームは自分のサーバを守りつつ、他チームのサーバに攻撃して侵入すれば得点──といったルールで競い合う。

 開催概要の発表以来、「若者に侵入技術の優劣を競わせるのは筋違い」といった批判の声も上がっていた。このため経産省は「高校生などを対象にしており、現状では望ましくない」として延期を決めた。

 その代わり、来年はセキュリティを含めたITの幅広い分野について課題を設定した競技会を開く。例えば、「与えられた条件の中で最高の性能を発揮するプログラムをオープンソースで開発するコンテスト」など、技術が悪用されにくい形で才能を発掘していきたいという。

関連記事
▼ 経産省が「セキュリティ甲子園」開催

関連リンク
▼ 「セキュリティ甲子園の延期について」

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -