News:ニュース速報 2003年8月1日 08:41 AM 更新

7月のスパム、2002年トータルを突破

MessageLabsによると同社のスパム対策サービスは7月、計1億5660万通の電子メールをスキャンし、うち7970万通をスパムとして遮断。これは、2002年の1年間で遮断された延べ件数をさらに1000万通上回っているという。

 電子メールセキュリティサービス提供企業のMessageLabsは、7月の迷惑メール対策に関する月例報告を発表し、同社のサービスで検出されたスパムメールの割合が50%に上ったことを明らかにした。

 同社のスパム対策サービスは7月、計1億5660万通の電子メールをスキャンし、うち7970万通をスパムとして遮断。これは、2002年の1年間で遮断された延べ件数をさらに1000万通上回っている。

 また、同月中に遮断されたウイルス付きメールは170万通で、166通に1通の割合となっている。

 同社は最近の傾向として、スパムメールにトロイの木馬プログラムが添付されて大量送信されるケースが増えていると指摘。こうしたプログラムはウイルス対策ソフトをかいくぐるために、ほぼ毎日のように変更が加えられて送信されているという。

関連リンク
▼ MessageLabsのプレスリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -