News:ニュース速報 2003年8月6日 08:05 PM 更新

ローソン個人情報流出は「故意に抜き取られた」


 ローソンのカード会員の個人情報約56万件が流出した問題で、同社は8月5日、情報は「故意に抜き取られた可能性が極めて高い」とする調査結果を公表した。同時に、新浪剛史社長を3カ月間の減給10%とするなどの社内処分も発表した。

 公表した調査結果によると、データは社外委託先のシステム開発運用のアイ・ティ・フロンティアが管理している開発用コンピュータから故意に抜き取られた可能性が高い。またローソンと、カードを発行している関連会社ローソン・シーエス・カードの社員は同コンピュータにアクセスできるパスワードを持っていなかったという。

 同コンピュータにアクセス可能な人物はある程度絞られるが、個人の特定は「民間の調査では限度があり不可能」。このため捜査機関と相談中だとしている。また流出したデータには信用情報が含まれないことを確認した、としている。

 これを受けて個人情報保護について全社的な方針を強化。店舗での個人情報の取り扱いと廃棄を厳格化するほか、懲罰的措置も含む社内規定を厳しく運用する──などの内容を盛り込む。

関連記事
▼ ローソンカード会員情報56万件が流出

関連リンク
▼ ローソン

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -