News:ニュース速報 2003年8月27日 08:31 PM 更新

BSデジタル放送、「1000日で1000万世帯」の半分以下

当初は「1000日で1000万世帯への普及」が目標だったBSデジタル放送だが、実際にはこの半分以下になってしまった。

 BSデジタル放送が2000年12月のスタートから8月27日で1000日を迎えた。当初は「1000日で1000万世帯への普及」が目標だったが、実際にはこの半分以下となったようだ。

 日本放送協会(NHK)の調べでは、7月末の普及世帯数は約432万世帯。また電子情報技術産業協会(JEITA)がまとめたBSデジタル受信機(内蔵型TVなども含む)の累計出荷台数は214万台でさらにこれを下回る。

 当初はチューナーが高価格だった上、番組の貧弱さも指摘されている。無料で放送している民放系BSデジタル各社は視聴率の低さから広告収入が落ち込み、制作費をカットしたため番組の質が落ち、視聴率も低下する──という負のスパイラルから抜け出せず、軒並み赤字に陥っている。

 12月から地上デジタル放送がスタートする予定だが、さらに普及が進んでいない110度CS放送などもあり、放送メディア自体の再編が必要との指摘もある。

関連記事
▼ BSデジタル放送が一斉にスタート

関連リンク
▼ BSデジタル放送推進協会

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -