News:ニュース速報 2003年10月2日 06:14 PM 更新

Googleデータベースをgooの日本語技術で検索可能に

gooを運営するNTT-Xと米Googleは、日本語によるインターネット検索分野での戦略的提携に合意したと発表。GoogleはWebデータベースなど基本機能をgooに提供、gooは得意の日本語処理技術をこれに加えた新しい検索サービスを提供する。

 「goo」を運営するNTT-Xと米Googleは10月2日、日本語によるインターネット検索分野での戦略的提携に合意したと発表した。


 GoogleはWebデータベースなど基本機能をgooに提供、gooは得意の日本語処理技術をこれに加えた新しい検索サービスを提供する。具体的には、日本語特有の表記のゆれを吸収できるキーワード自動補正機能を実装する。例えば「ウィスキー」と「ウィスキィ」の違いも気にせずに検索できるようになる。

 さらに通称や略称、誤字のあるキーワードに対する関連・修正候補の表示も行うほか、NTTサイバーコミュニケーション総合研究所が開発した「固有表現抽出技術」や日本語語彙辞書データベースも導入して精度を高める。アダルトコンテンツなどのフィルタリング機能も導入する。

 このほか、Googleの検索キーワード連動型広告「アドワーズ」をgooが採用するなど、マーケティング面でも協力する。

 日本語検索の高精度化を検討していたGoogleと、検索サービスの利用者を拡大したい両社の思惑が一致した。今後はポータルサイトとしてのgooと、検索に特化したGoogleの特性を生かして幅広いユーザーの獲得を目指す。

関連記事
▼ インフォシークがGoogleを採用

関連リンク
▼ ニュースリリース
▼ goo
▼ Google

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -