News:ニュース速報 2003年10月6日 03:45 PM 更新

DVD-Rが8.5Gバイトに パイオニアが2層記録技術を開発


 パイオニアはこのほど、DVD-Rの2層記録技術の開発に成功したと発表した。片面記録容量を現行の2倍弱となる8.5Gバイトに向上できる。改善を進めながらDVD Forumに提案する。

 色素系記録膜の積層方式を使用し、第1層でジッター9.34%・反射率17.3%、第2層でジッター8.08%・反射率19.5%と再生専用2層ディスクとほぼ同等の特性を確保しているという。現行DVD機器での再生互換性が高く、DVDレコーダーでの対応も容易だとしている。

 現行のDVD-R容量は片面で4.7Gバイト。8.5Gバイトに拡大することで、DVDレコーダーの「EP」モードで約12時間の録画が可能になるとしている。



関連記事
▼ Philips、DVD+R容量を倍にする2層技術をCEATECで披露
Philipsと三菱化学メディアが、DVD+Rメディアの容量を4.7Gバイトから8.5Gバイトに増やす技術を開発。この技術は10月7日から幕張で開催のCEATECで披露される。(ロイター)


関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -