News:ニュース速報 2003年11月12日 06:04 PM 更新

富士通研、100インチ超の薄型ディスプレイにつながる新技術


 富士通研究所は11月12日、直径1ミリの「プラズマチューブ」を使ったディスプレイを試作、カラー動画表示に成功したと発表した。対角100インチ以上の薄型ディスプレイをPDPに比べ小規模の設備で製造することが可能になるという。今後2年以内に実用化にめどをつける。


プラズマチューブアレイ方式の原理

 プラズマチューブは直径1ミリのガラス細管内にPDPの発光素子構造を持つ。新技術では、RGB各色のチューブを多数並べ、パルス電圧を印加する電極基板で挟んでアレイ化、ディスプレイとして使用する。試作品は長さ1メートルのチューブを128本使用した。


表示例

 100インチ超の屋内表示装置ではフロントプロジェクターが使われるが、室内が明るいと鮮明に表示できないなどの制約がある。自発光するLEDアレイ方式はプロジェクターに比べ鮮明だが、高コストかつ消費電力が大きいのが難点。PDPの場合は2メートル以上のガラス基板を扱える大型設備が必要になる。

 プラズマチューブアレイ方式では、PDP用のドライバLSIが使用できる上、巨大なガラス基板が不要。クリーンルームも必要ないという。また発光効率が高く、100インチクラスでも消費電力は数百ワットで済むとの試算だ。

 開発は3×2−6×3メートルの超大型ディスプレイが目標。チューブの並べ方次第で形状もフレキシブルにでき、将来はドーム型や円筒型も可能になるとしている。

関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -