News 2003年12月1日 08:03 PM 更新

QRIOが「てるてる家族」冬子ちゃんと“たすけあい”

21世紀。ロボットも募金する時代。

 東京・銀座のソニービルで12月1日、同日から25日まで設置される募金箱「愛の泉」のオープニングセレモニーが行われた。NHKの連続TV小説「てるてる家族」の主人公・岩田冬子役を演じる石原さとみさんと、ソニーの4人組ロボットの「QRIO」の1体・マルコが、テープカットとコイン投入を行った。


テープカットをする石原さとみさん

 「愛の泉」はソニービル前のチャリティ募金箱。コインを入れるとクリスマスソングが流れる仕組みになっている。投入された募金は全額「NHK歳末たすけあい」「NHK海外たすけあい」に寄付される。


 テープカット後、石原さんはコインを、マルコはコインの入った袋を「愛の泉」に投げ入れた。マルコは石原さんに「ファンなんです」「(取材陣が)今撮った(石原さんとツーショットの)写真、後でもらえないかな」「おはようさんさんさん」などと臆面もなく軽口をたたき、石原さんは「発言がおもしろいし、かわいいですね。」と笑顔を見せた。


セレモニーは雨の屋外で行われた。ソニー担当者によると「QRIOは雨に弱く、ぎりぎりの状態で臨んだ」。マルコを守るため、3本のビニール傘を組み合わせた専用傘を用意。石原さんだってビニール傘1本で濡れながら仕事していたのに。ぜいたくなロボット……


ソニービル内で。「12月以降の『てるてる家族』では、バレエや歌、踊りの特訓の成果を出します」と元気に話してくれた

関連リンク
▼ ソニービル
▼ 「QRIO」のWebサイト
▼ 「てるてる家族」のWebサイト
▼ NHK

[岡田有花, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -