ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年02月09日 07時16分 公開

MS、オンライン広告収入を開発者に分配する新プログラムを発表

開発者はオンラインゲームのプレイ中に表示される広告による売り上げの一部を毎月受け取れるようになる。

[ITmedia]

 Microsoft Casual Games(MCG)は2月7日、MSN Gamesサイトからの広告収入を、ゲーム開発者と分配するプログラム「Ad-Share Program」を即日開始すると発表した。同サイト向けにオンラインゲームを開発している開発者は、このプログラムに参加できる。

 オンライン向けの手軽なゲームの開発者は収入モデルが限定されていることから、広告収入の分配を決めたという。

 開発者は、自分が開発したゲームがプレイされているときに広告を表示、一定率の広告収入を毎月受け取れるようになる。Microsoftによると、現在MSN Gamesで人気上位5位までのゲームの開発者が受け取る額は、5本総額で年間25万ドルに上る見通し。

 広告分配プログラムには2種類ある。レベル1の場合、開発、提案プロセスは現在とほぼ変わらず、自分が開発したゲームの広告売り上げの10%を受け取ることができる。レベル2では、広告売り上げの20%を受け取ることができるが、ローカリゼーションを行う、ソフトウェアのレーティングを受ける、ユーザーに最低10時間の無料プレイ時間を提供するなど、幾つかの条件が伴う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.