ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年12月12日 17時17分 公開

GMOにヤフーが出資 第3位株主に

今期186億円の最終赤字計上を見込んでいるGMOインターネットは、同社の熊谷社長とヤフーを引受先とした第三者割当増資を行う。ヤフーは14億円を出資し、第3位株主になる。

[ITmedia]

 GMOインターネットは12月12日、同社の熊谷正寿社長とヤフーを引受先とした第三者割当増資を行うと発表した。熊谷社長は45億円相当の土地と建物を現物出資。ヤフーは14億円を出資して発行済み株式の5%を保有し、熊谷社長の事務所と熊谷社長に次ぐ第3位株主になる。

GMOインターネットの株価チャートGMOインターネットの株価チャート(1年:縦軸の単位は円)

 GMOインターネットは、旧子会社への融資などについて、返済のめどが立たないとして貸し倒れ引当金56億円を計上。自己資本のき損が生じるとし、財務基盤強化を検討していた(関連記事参照)。増資で計59億円を調達し、自己資本のき損を回避する。

 GMOインターネットとヤフーは業務提携も行う。両社は共同でJWordを設立するなどこれまでにも協業してきたが、関係を強化し、ネット広告の企画開発や販売チャンネル拡大などを進めていく。

関連キーワード

GMO | Yahoo! | 社長 | 第三者割当増資


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.