ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2019年01月17日 06時42分 公開

重要インフラのサイバー攻撃対策見直しへ 菅官房長官、東京五輪にらみ

菅義偉官房長官は、電気やガス、水道といった重要インフラ分野のサイバー防衛対策について、安全基準の指針を改定する方針を明らかにした。「関係府省が連携して必要な検討を行っている」と述べた。

[産経新聞]
産経新聞

 菅義偉官房長官は16日午前の記者会見で、電気やガス、水道といった重要インフラ分野のサイバー防衛対策について、安全基準の指針を改定する方針を明らかにした。「関係府省が連携して必要な検討を行っている」と述べた。17日にサイバーセキュリティ戦略本部の「重要インフラ専門調査会」を開いて議論する。

photo 会見に臨む菅義偉官房長官=16日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅氏は、来年開催の東京五輪・パラリンピックや今年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に触れ「こうした大会に万全を期すために、サイバーセキュリティー対策は極めて重要だ」と語った。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.