ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年03月19日 07時18分 公開

ピエール瀧容疑者逮捕の余波? 電気グルーヴCDがネットで高騰、メルカリなどで4倍超 販売自粛には賛否両論 (1/2)

コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕された電気グルーヴのメンバーで、俳優のピエール瀧容疑者(51)。その衝撃は収まる気配がない。出演映画などの撮り直しをはじめ、電気グルーヴが所属するソニーミュージックレーベルズでは、CDや映像作品の出荷停止と店頭からの回収、デジタル配信の中止を発表した。瀧容疑者が登場するゲームも発売や配信を中止。だが、そこは絶大な人気を誇っていた人物。オークションサイトなどでは早くも奇妙な現象が起き始めている。

[ZAKZAK]
ZAKZAK

 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕された電気グルーヴのメンバーで、俳優のピエール瀧容疑者(51)。その衝撃は収まる気配がない。出演映画などの撮り直しをはじめ、電気グルーヴが所属するソニーミュージックレーベルズでは、CDや映像作品の出荷停止と店頭からの回収、デジタル配信の中止を発表した。瀧容疑者が登場するゲームも発売や配信を中止。だが、そこは絶大な人気を誇っていた人物。オークションサイトなどでは早くも奇妙な現象が起き始めている。

photo 衝撃が収まらない瀧容疑者の逮捕

 フリマアプリ「メルカリ」では、デビュー30周年を記念して1月に発売された「30(初回生産限定盤)」(税抜き3500円)が、1万4800円と定価の4倍以上の値で販売。2001年に発売のアルバム「The Last Supper」(同2913円)も6500円で売られている。「ヤフオク」や「アマゾン」でも同様の傾向で、定価に近い価格を探す方が難しい。

 中古CDなどを販売する「BOOKOFF秋葉原駅前店」では15日正午現在、電気グルーヴのCDが売り切れていた。

 セガゲームスは、瀧容疑者が出演するプレイステーション4(PS4)用ゲームソフト「JUDGE EYES:死神の遺言」の出荷や販売を当面自粛すると発表。このソフトも売り切れや、ネットでの高騰が予想される。

 ネット上では「不特定多数が目にするテレビはともかく、消費者がお金を払うCDまで販売を自粛する必要はないのでは」と疑問を呈する投稿が相次ぐ一方、「電気グルーヴは好きだが、(販売中止は)企業のコンプライアンスとして正しい」との声もあるなど賛否両論だ。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.