ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年03月22日 07時17分 公開

ドコモ「月サポ」終了を検討

NTTドコモが、携帯電話端末の購入と回線契約をセットにした割引の新規契約の終了を検討していることが20日、分かった。端末の購入代金と毎月の通信料金を一体化したプランが禁止される方向になったことに対応する。その上で、来月にも通信料金を2〜4割引き下げる新たな通信プランを発表する方針だ。

[産経新聞]
産経新聞

 NTTドコモが、携帯電話端末の購入と回線契約をセットにした割引の新規契約の終了を検討していることが20日、分かった。端末の購入代金と毎月の通信料金を一体化したプランが禁止される方向になったことに対応する。その上で、来月にも通信料金を2〜4割引き下げる新たな通信プランを発表する方針だ。

 ドコモが終了を検討するプランは、特定の端末を買えば通信料を毎月1500円割り引く「ドコモウィズ」と、購入する端末に応じて最大2年間、通信料金を割り引く「月々サポート」。いずれも、既存の契約者に対するプランの提供は継続する。

 こうしたプランは複雑なうえ、一部の利用者のみに恩恵が偏り、割引費用の捻出のために全体の通信料が割高になっているとの指摘がある。このため、総務省は今国会で端末代と通信料金の分離を義務付ける法改正を目指している。

 ドコモは法改正に先駆けて新プランを導入する形だが、KDDI(au)やソフトバンクもドコモのプランの内容などを見極めて対応を検討する方針。料金プランをめぐる各社の競争は今後さらに激しくなりそうだ。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.