ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年04月08日 07時28分 公開

「FGO」の世界観、ホテルに再現 フロア全体を改装 プリンスホテル

西武グループのプリンスホテルは6日、同区東池袋のサンシャインシティプリンスホテルの25階フロア全体を、人気のスマートフォンゲーム「Fate/Grand Order(フェイトグランドオーダー)」(FGO)の世界観に合わせて改装した。

[産経新聞]
産経新聞

 西武グループのプリンスホテル(東京都豊島区)は6日、同区東池袋のサンシャインシティプリンスホテルの25階フロア全体を、人気のスマートフォンゲーム「Fate/Grand Order(フェイトグランドオーダー)」(FGO)の世界観に合わせて改装した。フロア全体を1つのテーマで改装するのはホテル業界でも珍しいという。池袋はサブカルチャーの街として知られており、プリンスホテルは25階フロアをサブカルフロアとして、新たな宿泊客を呼び込む考えだ。

画像 スマートフォンのゲーム、Fate/Grand Orderの世界観をイメージして小物などが配置された池袋プリンスホテルの客室=3日、東京都豊島区(納冨康撮影)

 25階にある20の客室は、FGOの世界観に合わせてゲーム中に登場する「坂本探偵事務所」など4つのテーマ別に改装。FGOのキャラクターのパネルやキャラクターにちなんだ小物などが客室内に配置した。客室とは別に、宿泊したファンが交流できるFGOのイラストや音楽を楽しめるラウンジもテーマ別に4室開設した。宿泊料金(平日)は、2人1室利用時で1人1万7000円から。4月分は既に予約で完売しているという。

 プリンスホテルは、サンシャインシティプリンスホテル25階を「IKEPRI(イケプリ)25」と名付け、ゲームやアニメなどさまざまなサブカルのコンセプトフロアとし、6日から7月6日までの第1弾としてFGOが選ばれた。これまでプリンスホテルは、ホテルの1室だけをアニメのコンセプトルームとして展開してきたが、予約を取ることのできない人が多かったことからフロア全体をサブカルフロアとすることを決めた。

 コンセプトフロアのプロデュースを担当したTokyo Otaku Mode(渋谷区)のモリサワタケシ共同創業者は「宿泊するとゆっくりとFGOの原画なども楽しめる。ラウンジで知らない人とコミュニケーションが生まれれば」と話している。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.