ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2019年04月16日 06時58分 公開

「寄生虫ダイエット」その効果は? 群馬大と国立感染症研究所チームが発表 (1/2)

群馬大学と国立感染症研究所のチームが、「寄生虫によるダイエット効果」に関する研究結果を発表した。都市伝説のように伝えられていた「寄生虫ダイエット」だが、研究で何が明らかになったのか。そしていつ実用化されるのか。共同研究者に聞いた。

[ZAKZAK]
ZAKZAK

 群馬大学と国立感染症研究所のチームが、「寄生虫によるダイエット効果」に関する研究結果を発表した。都市伝説のように伝えられていた「寄生虫ダイエット」だが、研究で何が明らかになったのか。そしていつ実用化されるのか。共同研究者に聞いた。

 群馬大と感染研のチームは実験で、高脂肪食を1カ月間与えて太らせたマウスに、寄生虫の一種「腸管寄生蠕(ぜん)虫」を感染させたところ、体重が抑えられ、脂肪量も低下し、血中の中性脂肪や遊離脂肪酸が優位に低下したという。

 食べるエサの量は、寄生虫を感染させたマウスと通常のマウスの間に差はなかった。

 群馬大の発表によると、脂肪燃焼にかかわる物質「UCP1」の発現上昇のためには、交感神経を活性化させる物質「ノルエピネフリン」の増加が重要とされている。実験の結果、腸管寄生蠕虫に感染したマウスでは、ノルエピネフリンを分泌する腸内細菌の増加を経て、脂肪細胞に働きかけることが分かったという。

 実験に使われた腸管寄生蠕虫はどんな寄生虫なのか。共同研究者の1人で、群馬大大学院医学系研究科の下川周子(ちかこ)助教は「家畜などの糞便に含まれた虫卵や幼虫が堆肥などで農作物などに付着し、洗いが不十分だったりして経口で侵入する場合が多い」と解説する。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.