ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年04月19日 06時02分 公開

ノートルダム、なぜ燃えた? 文化財専門の仏建築家に聞く (1/2)

フランスのノートルダム大聖堂の火災と再建について、文化財を専門とする仏建築家、ジャンポール・モデュイ氏に聞いた。一問一答は次の通り。

[産経新聞]
産経新聞

 【パリ=三井美奈】フランスのノートルダム大聖堂の火災と再建について、文化財を専門とする仏建築家、ジャンポール・モデュイ氏に聞いた。一問一答は次の通り。

photo 文化財を専門とする建築家のジャンポール・モデュイさん

 −−大火でも聖堂が崩壊しなかったのはなぜか

 聖堂が持ちこたえたのは、ゴシック建築(12〜15世紀の様式)だったことが大きい。尖塔(せんとう)を支えるアーチは独立した構造なので、アーチが火災で崩落しても建物全体の骨格は残る。同様にゴシック建築であるルーアン大聖堂(12世紀に着工)も第二次大戦中、爆撃で大きく損傷しながら倒壊しなかった。ロマネスク建築(10〜12世紀頃の様式)だったら、こうはいかない。ただ、焼けた石柱は消防隊の放水を受けて脆弱(ぜいじゃく)になっており、危険な状態だ。

 −−なぜ火災が広がったのか

 屋根を支える木造の柱は約850年を経て乾燥している。その上にほこりや硝石が堆積し、ちょっとした火花で引火する。炎はすぐに上がらず、目視できるまで数時間かかる。ノートルダム大聖堂では2度火災報知機が鳴った。最初の警報で火災が確認できなかったのは、報知器が煙に反応しても、炎が上がらなかったためだろう。ほこりに含まれた硝石は火薬のような効果を持つ。引火したところに乾燥した風が吹けば、あっという間に火が広がる。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.