ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年05月07日 06時56分 公開

ZOZO前澤社長“大誤算”?「ゾゾ離れ」招いた割引サービス終了、新事業は先行き不透明 (1/3)

 月旅行計画や1億円バラマキなどで世間を騒がせた末にツイッターを休止してから77日。ZOZO(ゾゾ)の前澤友作社長(43)は黙り続けてはいられなかった。同社がタイトルスポンサーを務める米ゴルフツアーでタイガー・ウッズ(43)の参戦が決まったことでツイートを再開。決算説明会でも中国進出など複数の新事業をぶち上げた。ただ、足元をみると、最終利益は20%減となり、「ゾゾ離れ」を招いた有料会員サービスも終了に追い込まれた。先行きについてもアナリストは不透明感が強いと指摘する。

[ZAKZAK]
ZAKZAK

 月旅行計画や1億円バラマキなどで世間を騒がせた末にツイッターを休止してから77日。ZOZO(ゾゾ)の前澤友作社長(43)は黙り続けてはいられなかった。同社がタイトルスポンサーを務める米ゴルフツアーでタイガー・ウッズ(43)の参戦が決まったことでツイートを再開。決算説明会でも中国進出など複数の新事業をぶち上げた。ただ、足元をみると、最終利益は20%減となり、「ゾゾ離れ」を招いた有料会員サービスも終了に追い込まれた。先行きについてもアナリストは不透明感が強いと指摘する。

photo ツイッターを再開した前澤氏。ZOZOの業績もウッズのように復活するか

 東京都内で25日に開かれた決算説明会。アナリストや報道陣が居並ぶなか、久々の公の場となった前澤氏が冒頭で話題にしたのは、同い年のタイガー・ウッズだった。

 「日本にやってくるということで、すごいことだと思います」

 米男子ゴルフの今季メジャー第1戦「マスターズ」を制したウッズは「ZOZOチャンピオンシップ」(10月24−27日=千葉県習志野CC)に出場することを表明した。

 ウッズの日本での試合出場は、2006年11月に2位となった日本ツアー「ダンロップフェニックス」(宮崎県フェニックスCC)以来13年ぶり。関東のトーナメントに登場するのは初めてとあってチケットのプレミア化は必至で、ZOZOにとっても“タイガー効果”が期待できる。

 これに乗じる形で前澤氏は、「人の噂も七十五日」とばかりに、休止していたツイッターを77日ぶりに再開させた。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.