ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年05月21日 07時13分 公開

茨城ダッシュ、名古屋走り、伊予の早曲がり……危ない「ローカル交通ルール」、現地教習所に聞いた (1/2)

自動車の暴走や交差点での事故が大きく報じられているが、運転のマナーや習慣をめぐり、地域独自の「ローカルルール」が存在する。当然ながら本来の交通ルール通りに教えている地元の自動車教習所も頭を悩ませるが、解決策はあるのか。

[ZAKZAK]
ZAKZAK

 自動車の暴走や交差点での事故が大きく報じられているが、運転のマナーや習慣をめぐり、地域独自の「ローカルルール」が存在する。当然ながら本来の交通ルール通りに教えている地元の自動車教習所も頭を悩ませるが、解決策はあるのか。

photo 各地の主な「ローカル交通ルール」

 方向指示器(ウインカー)を出すと同時に右左折するなどの運転が多いのが長野県松本市の「松本走り」だ。市の広報でも危険性を訴えている。

 「当たり前のようになっているが、『行ってはダメ』と指導している」と同市の信州松本つかま自動車学校の担当者は語る。また、「せっかちということもあるが、交差点と次の交差点の間隔が短いので、あまり早くウインカーを出すと、手前の交差点で曲がると間違えられることもあるかもしれない」と事情を推測する。

 関東では、青信号になった瞬間に、対向の直進車より前に右折する「茨城ダッシュ」が知られる。同県内のある教習所では「事故が多いと他県からバカにされる」と指導しているという。

 「『名古屋走り』といわれているのは昔から」と話すのは同市のCBC自動車学校の内藤毅校長。「名古屋はマナーが悪く、ウインカーを出さずに急に車線変更する車もいる」とはっきり指導するそうだ。

 愛媛県でも対向の直進車よりも早く右折する車が多く、愛媛自動車学校の技能検定員、西原敏さんは「30年も前から『伊予の早曲がり』といわれている」と語る。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.