ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年05月24日 06時39分 公開

Huawei禁輸、日本でも影響広がる (1/2)

米政府による中国Huaweiに対する禁輸措置をめぐり、取引先企業の「華為離れ」が広がってきた。部品などを供給する日本メーカーでは、パナソニックが取引中止の方針を社内に通達。米国ではマイクロソフトが自社オンラインサイトでの華為製ノートパソコンの販売を停止した。

[産経新聞]
産経新聞

 米政府による中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)に対する禁輸措置をめぐり、取引先企業の「華為離れ」が広がってきた。部品などを供給する日本メーカーでは、パナソニックが取引中止の方針を社内に通達。米国ではマイクロソフト(MS)が自社オンラインサイトでの華為製ノートパソコン(PC)の販売を停止した。

photo

 パナソニックは禁輸の対象となる自社の製品について、21日に華為との取引を中止することを社内に通達した。禁輸措置の対象に該当すると判明し次第、出荷を停止するという。同社は電子部品などを納めているとみられ、「現在は米国の措置内容の細目を確認中だが、その内容を順守していく」としている。

 東芝は、華為に納めていた製品の出荷を23日までに一時停止した。半導体やハードディスク駆動装置(HDD)が含まれているとみられ、東芝は「(出荷停止は)米国産の部品が組み込まれていないか点検するため」と説明。禁輸措置に抵触しないと判明したことから、同日夕方までに出荷を再開したという。

 日本ではこのほか、華為製スマホの発売延期を決めた携帯電話大手に、格安スマホ会社が追随。関西電力子会社のオプテージ(大阪市)は23日、「顧客が不安を感じている」として、24日に予定していた2機種の発売を延期した。LINEモバイルとNTTレゾナント、インターネットイニシアティブ(IIJ)も同様の措置をとった。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.