ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年06月04日 07時07分 公開

8050の実像:ひきこもり、悩みどこに相談すればいい? (1/2)

産経新聞が高齢の親と中高年のひきこもる子の現状を取り上げた連載「8050の実像 中高年ひきこもり61万人」(5月14〜16日付朝刊)の掲載後、読者から相談先に悩むお便りが複数寄せられた。岩崎隆一容疑者は長期間にわたり、ひきこもり状態だったとされる。自宅にひきこもってきた当事者や家族はどこに助けを求めればいいのか。専門家に聞いた。

[産経新聞]
産経新聞

 産経新聞が高齢の親と中高年のひきこもる子の現状を取り上げた連載「8050の実像 中高年ひきこもり61万人」(5月14〜16日付朝刊)の掲載後、読者から相談先に悩むお便りが複数寄せられた。岩崎隆一容疑者は長期間にわたり、ひきこもり状態だったとされる。自宅にひきこもってきた当事者や家族はどこに助けを求めればいいのか。専門家に聞いた。

photo 家族のひきこもりに悩んだら

 <誰にどのように相談すればいいか、何か福祉の助けはないのか>

 <相談に行ったが、誠意を持って受け止めてくれる所はなかった>

 中高年のひきこもり当事者を家族に持つ読者から寄せられたお便りには、支援の求め先が分からないまま、耐え続けてきた苦悩がつづられていた。

 宮崎大教育学部の境泉洋(もとひろ)准教授(臨床心理学)は「まずは全国にある『ひきこもり地域支援センター』の窓口に相談すること」と話す。

 支援センターは、厚生労働省の「ひきこもり対策推進事業」の一環で、各都道府県の精神保健福祉センターなどが運営する。社会福祉士や精神保健福祉士らを相談員として配置。家族からの相談や家庭訪問を通じて当事者らに支援を行うほか、ケースによって自治体や福祉事務所、医療機関など関係機関へと引き継ぎ、包括的な支援につなげる。

 例えば京都市では平成25年から、支援センターとして「こころの健康増進センター」内に、40歳以上のひきこもりの子を持つ親などからの相談窓口を設置。電話での相談の後、必要に応じて面談を行ったり、就労支援窓口などにつないだりする。30年度は延べ186件(電話相談は同90件)の面談を行い、他機関につなぐなどしてきた。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.