ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年06月17日 06時26分 公開

「ワンピース」「NARUTO」「ナウシカ」新作歌舞伎に 漫画やアニメ原作、続々 その背景は? (1/2)

世界的に親しまれている日本の漫画やアニメが相次いで新作歌舞伎になり、若者を中心に新たなファン層を獲得している。「ワンピース」「NARUTO−ナルト−」「風の谷のナウシカ」も歌舞伎化。インバウンドや海外公演も視野に入れた展開に、歌舞伎の「世界戦略」も透けてみえる。

[産経新聞]
産経新聞

 世界的に親しまれている日本の漫画やアニメが相次いで新作歌舞伎になり、若者を中心に新たなファン層を獲得している。平成27年に社会現象を巻き起こしたスーパー歌舞伎II「ワンピース」に続いて、今月、京都・南座では忍者の世界を描いた「NARUTO−ナルト−」、今年12月には宮崎駿監督のアニメーション映画「風の谷のナウシカ」も同名歌舞伎化される。インバウンド(訪日外国人客)や海外公演も視野に入れた展開に、歌舞伎の「世界戦略」も透けてみえる。(亀岡典子)

photo

 ゴーッと轟音をたてて流れ落ちる大滝。落ちこぼれ忍者のナルト(坂東巳之助さん)とライバルのサスケ(中村隼人さん)が、本水(本物の水)の中で戦う激しい立ち回り。客席まで飛び散る水しぶきに場内から歓声が上がった。

 南座で上演中の新作歌舞伎「NARUTO−ナルト−」。客席には普段の歌舞伎公演ではあまり見かけない子供たちや若者、外国人グループの姿が目立った。

 「おもしろかった」と話すのは大阪府寝屋川市の小学3年、井上暖琉君(8)。「NARUTO−ナルト−」の歌舞伎公演のポスターを見て「行きたい」と母親に頼んだ。「ナルトがかっこいい。歌舞伎は初めて見たけどわかりやすかった」

 原作は、国内でシリーズ累計1億4千万部、40以上の国と地域で流通し、海外にも多くのファンを持つ岸本斉史さんの同名漫画。その歌舞伎化は、若手の歌舞伎俳優中心の座組(ざぐみ)で、昨年8月、東京で初演。見得や本水の立ち回りなど歌舞伎独特の演出と最先端映像技術を駆使した舞台は人気を呼んだ。

 そもそも、日本の漫画を原作にした新作歌舞伎の第1弾は世界中にファンのいる「ONE PIECE」で、27年、スーパー歌舞伎II「ワンピース」として市川猿之助さんを中心に上演。猿之助さんふんする主人公がサーフボードに乗って宙乗りするシーンでは観客が総立ちになるなど、新たな観客層を巻き込んで大ヒット。大阪松竹座や福岡、名古屋でも再演された。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.