ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年07月05日 05時42分 公開

7pay不正使用、詐欺未遂容疑で中国籍の男2人逮捕 電子たばこ20万円分購入しようとした疑い

 コンビニ大手のセブン−イレブンで使用できるスマートフォン決済「7pay(セブンペイ)」を不正使用し、電子たばこを購入しようとしたとして、警視庁新宿署が詐欺未遂の疑いで、20代の中国籍の男2人を逮捕したことが4日、捜査関係者への取材で分かった。

[産経新聞]
産経新聞

 コンビニ大手のセブン−イレブンで使用できるスマートフォン決済「7pay(セブンペイ)」を不正使用し、電子たばこを購入しようとしたとして、警視庁新宿署が詐欺未遂の疑いで、20代の中国籍の男2人を逮捕したことが4日、捜査関係者への取材で分かった。

 セブン&アイ・ホールディングスは同日、セブンペイで第三者による不正なアクセスが相次いだとして、入金や新規登録を停止すると発表していた。

 捜査関係者によると、男2人は3日、新宿区内のセブン−イレブンで、セブンペイを不正使用し、電子たばこ20万円分を購入しようとした疑いがあるという。

 同社は、不正アクセスにより利用者約900人、約5500万円の被害が発生した可能性があると発表しており、警視庁は事件との関連を調べている。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.