ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年07月08日 05時41分 公開

「外国人に話題のアニメ聖地はここ!」 SNSをAIで分析・解明 (1/3)

「今、外国人に話題のアニメの聖地はここだ!」。日本のアニメファンだけでなく地方自治体も気になるこんな調査結果を、東京海上日動火災保険とNTTデータがまとめた。外国人のツイッターなど会員制交流サイト(SNS)の膨大なデータを人工知能(AI)を使い分析。アニメの舞台や縁のある地域を訪れる“聖地巡礼”を目的に訪日する外国人はどこを目指すのか明らかにした。

[産経新聞]
産経新聞

 「今、外国人に話題のアニメの聖地はここだ! 」。日本のアニメファンだけでなく地方自治体も気になるこんな調査結果を、東京海上日動火災保険とNTTデータがまとめた。外国人のツイッターなど会員制交流サイト(SNS)の膨大なデータを人工知能(AI)を使い分析。アニメの舞台や縁のある地域を訪れる“聖地巡礼”を目的に訪日する外国人はどこを目指すのか明らかにした。

photo 海外での日本アニメのタイトル別の話題量と主な聖地

 調査は地方創世を目的に両社が実施したもので、平成29年11月から30年10月にかけて、中国の「微博(ウェイボー)」などのSNSや、観光レビューサイトにおける外国人の書き込みを都道府県やジャンルごとに分析した。海外で人気のある日本のアニメや漫画のタイトル名を含む発言を対象に、話題量を国・地域ごとに調査。作品の舞台や関連する施設、作家に縁のある街や記念館などに関連する書き込み内容も読み解いた。

話題トップは世界的人気ゲームから

 調査の結果、圧倒的な話題量で1位となったのは、ピカチュウでおなじみの「ポケットモンスター(ポケモン)」だった。全体の約4割を占める約217万件を集め、その話題の聖地は東京都内であることも判明した。世界的な大ヒットなったスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の後押しもあり、ゲームイベントなどが行われる新宿駅西口の「ポケモン広場」や、グッズなどが買える都内の「ポケモンセンター」を巡礼するようだ。

 2位は忍者を題材にした「NARUTO −ナルト−」。ブラジルではポケモンを上回る話題量で、南米を中心に高い注目度を記録した。その聖地は、渦潮で有名な鳴門海峡に面した徳島県鳴門市。作品の舞台ではないが、「ナルト」と「鳴門(なると)」をかけたイベントを市や商工会議所などが商魂たくましく開催しており、日本人だけでなく外国人もつられて訪れているという。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.