ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年07月10日 07時42分 公開

ネット普及で怖さホラー級……芸能人ストーカー被害の実態! 掲示板に目撃情報投稿、「友人と同性愛中」の誹謗中傷

シンガー・ソングライターで音楽プロデューサー、崎谷健次郎に対して27年間もストーカー行為をしていた女が先月逮捕された。華やかなスポットライトを浴びる芸能人にファンは大切な存在。しかし、それも度を過ぎると、ただただ恐怖でしかない。

[ZAKZAK]
ZAKZAK

 シンガー・ソングライターで音楽プロデューサー、崎谷健次郎に対して27年間もストーカー行為をしていた女が先月逮捕された。華やかなスポットライトを浴びる芸能人にファンは大切な存在。しかし、それも度を過ぎると、ただただ恐怖でしかない。

photo 27年間もストーカーされた崎谷健次郎

 「ミュージシャンとストーカーの攻防戦は昔からのテーマでしたが、インターネットが普及した今は、掲示板やSNSで情報を共有されるので被害は深刻です」と音楽ライター。

 通院する病院をファンに突き止められたミュージシャンのケースでは「病院の会計で支払いを待っていたら、ファンが財布を持って割り込んできたそうです。ビジュアル系バンドの掲示板で目撃情報が投稿され、私生活を見張るファンも増えています。病院帰りに寄る薬局にファンが転職してきたので離れた薬局に行くようになりました」とレコード会社ディレクターが明かす。

 事務所から独立するとファンの行動はエスカレートする。SNSや公式サイトでイベント告知すると私的メールも増えるが「『ゲーム機を手渡しでプレゼントするので最寄駅に持参します』としつこくアプローチされたので、友人に代わりに受け取ってもらいました。すると友人と同性愛中だと掲示板等で誹謗中傷されました。警察に相談しても『殺害予告でもないので、事件性はないですね。おモテになってうらやましい』なんてあしらわれて当惑しています」と大手事務所から独立した男性タレントは憤る。

 ファンが自宅マンションに押しかけたため110番通報すると、ネット上にマンションの外観写真を投稿される“お礼参り”を受けたミュージシャンも。

 ホラー並みの恐ろしさ。夏に聴くと効果抜群だが…。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.