ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年07月22日 06時47分 公開

京アニ放火 メルカリで「寄付します」出品相次ぐ 真偽不明、批判も

京アニ放火事件を受け、メルカリでは、「売上金を寄付する」とうたって京アニが制作したアニメの関連グッズが相次いで出品されている。だが、寄付行為の真偽はわからず、インターネット上では批判の声も上がっている。

[産経新聞]
産経新聞

 「京都アニメーション」の放火事件を受け、フリマアプリ運営会社「メルカリ」のサイトでは、「売上金を寄付する」とうたって京アニが制作したアニメの関連グッズが相次いで出品されている。だが、寄付行為の真偽はわからず、インターネット上では批判の声も上がっている。

photo メルカリに出品された京都アニメーションのロゴ入りステッカー

 《売れたら京アニに寄付しようと考えていますので、よろしくお願いいたします》

 メルカリのサイトではこんなメッセージとともに、京アニが制作したアニメのキャラクターのキーホルダーが販売されていた。価格は3555円。7年前に販売されたものといい、出品者は「店頭では絶対に手に入らないもの」と強調している。

 一方、出品者が「犠牲者の鎮魂の意味を込めた」と制作した京アニのロゴ入りステッカーは400円で販売。売り上げ次第では京アニへの寄付も考えるという。

 ただ、出品者がコメントする通りに実際に寄付されるのか、購入者に真偽はわからない。ネット上では《絶対買っちゃダメよ。売り文句で綺麗なお言葉並べてるけど、メルカリで買ったところで1円も京アニの利益に繋がらんからね》などと注意を促すツイートも。

 メルカリのガイドラインでは出品物を通じて寄付のみを募る行為は禁止しており、発見した場合は削除などの対応を行っている。実際に、事件後に寄付を募り同社に削除された出品物もある。京アニの関連グッズの出品に関し、メルカリは「今後も違反行為にはガイドラインにのっとり対応する」としている。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.