ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年07月23日 06時47分 公開

京アニ放火「2階から飛び降りた」迫る黒煙、決死のダイブ 男性社員が証言   (3/3)

[産経新聞]
産経新聞
前のページへ 1|2|3       

生きた心地せず

 京アニでは消防の指導を受けながら定期的に防火訓練などを行っていた。だが男性は「今回は訓練などという次元ははるかに超えていた。自分も一歩間違えれば死んでいた。いまでも生きた心地がしない」と振り返る。

 「仲間の命は戻ってこない。現実を受け入れられない部分も多い」と複雑な胸の内を打ち明けた男性。青葉容疑者については「逃げることに必死で事件当時の様子は分からない。『小説を盗んだ』というようなことを言っているようだが、知りうる限りトラブルになったことはない」と指摘し、こう訴えた。

 「なぜ、こんなことをしたのかという思いは消えない。悔しいし憤りを感じる。回復させ、法律できちんと裁いてほしい」

前のページへ 1|2|3       

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.