ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年08月15日 06時54分 公開

誰でも、どこでもマッスル飯 「低GI」食品→眠くなりにくく、手軽に栄養補給 (1/2)

健康志向やフィットネスブームで、タンパク質や良質な炭水化物を気軽に摂取でき、ダイエットやボディーメークにも効果的な“マッスル飯”が注目を集めている。以前はインターネットやスポーツジムなどでしか手に入れることができなかったが、コンビニエンスストアやスーパーマーケットでもコーナーが設けられるなど、市場が広がっている。

[産経新聞]
産経新聞

 健康志向やフィットネスブームで、タンパク質や良質な炭水化物を気軽に摂取でき、ダイエットやボディーメークにも効果的な“マッスル飯”が注目を集めている。以前はインターネットやスポーツジムなどでしか手に入れることができなかったが、コンビニエンスストアやスーパーマーケットでもコーナーが設けられるなど、市場が広がっている。

 「五輪に向けてフィットネスの注目度が高まってより日本人の栄養に対する意識が変わってきている」

photo エナジーバーを手にする中村真利男(左)さんと佐藤マリナさん

 そう話すのは、フィットネス関連用品の輸入販売などを手がけるFitトレード&マーケティング合同会社COO、中村真利男さん(34)。4年前からドイツの自然食メーカー「ザイテンバッハ」のプロテインバーと、イギリスで生産したエナジーバー「エナジーオーツスナック」などを取り扱っている。

 エナジーバーは効率的にエネルギーを補給するための食品。オーツスナックは食物繊維が米の約10倍あるという「オーツ麦」で作られており、「GI値」(血糖値の上昇率を表す指標)が低く糖をおだやかに吸収する「低GI」の食品だ。

 プロテインバーも大豆などから作られた100%天然由来のタンパク質をもとに白砂糖や人工甘味料、小麦粉も使っていない。

 母親がドイツ生まれの中村さんは、自身もドイツのボディービル大会で優勝するなど、栄養のバランスがとれた質の高い食事へのこだわりは人一倍強い。

 ドイツではフィットネス市場が日本の10倍ほどの規模で健康食品への意識も高いが、このところ日本でも健康産業の広がりと高まりを感じている。

 ただ、取り扱い当初は苦戦も。たとえばエナジーバーはエネルギー補給が目的だが、日本では空前の糖質制限ブーム。糖質やカロリーが高い商品を避ける雰囲気があったという。

 ともに会社を経営する姉の佐藤マリナさん(36)は「糖質に対する考え方が徐々に変わってきた。カロリーを気にするのではなく、GI値などを見て良質な糖質をとった方が脂肪燃焼につながるという考え方になってきた」と話す。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.