ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年09月26日 06時26分 公開

「SNS企業、計り知れない力」トランプ大統領、国連で異例の警告

 【ニューヨーク=塩原永久】トランプ米大統領は24日の国連総会での一般討論演説で、米交流サイト(SNS)大手フェイスブックなどを念頭に「少数のSNS企業が、人々が何を知り、何を発言できるかについて計り知れない力を握っている」と述べ、情報のプラットホーム(基盤)となった巨大IT企業への警戒感を示した。演説を受け、同日の米株式市場でフェイスブックなどの株価が大きく下落した。

[産経新聞]
産経新聞

 【ニューヨーク=塩原永久】トランプ米大統領は24日の国連総会での一般討論演説で、米交流サイト(SNS)大手フェイスブックなどを念頭に「少数のSNS企業が、人々が何を知り、何を発言できるかについて計り知れない力を握っている」と述べ、情報のプラットホーム(基盤)となった巨大IT企業への警戒感を示した。演説を受け、同日の米株式市場でフェイスブックなどの株価が大きく下落した。

 トランプ氏は、不適切な投稿を選別して削除するSNS企業の取り組みで、保守的な言論が不当に排除されているとの不満をこぼしてきた。トランプ氏は演説で、「(人々を)コントロールしようとする者たちに対して、われわれは常に懐疑的でならなければならない」と強調した。

 24日の米株式相場は、対中政策で厳しい姿勢を示したトランプ氏の演説を受けて下落基調に。米ブルームバーグ通信によると、フェイスブックやアマゾン・コムなどIT主要5社の時価総額が、1日で約6兆円吹き飛んだ計算だ。

 ロシアによる2016年米大統領選挙への干渉疑惑では、世論の誘導を狙ってSNSに虚偽情報が投稿されたとされる。米政府や議会では、米IT大手に厳しい規制を課すべきだという意見が強まっている。

 来年の大統領選でも巨大IT企業への対応が争点に浮上する雲行きだ。一部の民主党候補が反トラスト法(独占禁止法)に基づく企業解体を主張しており、トランプ氏の対応が注目されている。

 トランプ氏は19日、ホワイトハウスでフェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)と面会し、「良い会合だった」と述べていた。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.